読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冴の冴えたネタ

saesae日記

それぞれピッタリと重なるように設計されているので、革による厚みも軽減されているのです。

冴です、90%以上は新設計だが、N250の魂を受け継いでいるとイルハム。
17年1月には製造業の競争力向上を目指す大統領のジョコ・ウィドドが国家的な優先計画に承認し、国を挙げた事業へと正式に復帰した。
自動車や船舶、そして航空機。
インドネシアだけでなくアジア新興国では基幹産業での国産化計画が持ち上がっては消えてきた。
マレーシアの国民車プロトンのように、量産化にこぎ着けたものの国際競争力を欠き、苦戦が続く事例も多い。
なぜうまくいかないのか。
失敗の多くは、国家の威信ばかりが前面に出て、肝心の市場性や採算性が伴わなかったからだ。
イルハムは その教訓を生かそうとしている。
まずは市場性だ。
インドネシアは大小1万7千もの島からなる。
R80は滑走路の短い空港が大半を占める国内市場を想定する。
まずは国内で軌道に乗せてから先進国ではなく、事情の似たアジア他国やアフリカの市場を狙う。
80~90席のプロペラ機は世界の航空機大手とあまり競合しない、という計算も働く。
次に採算性。
R80は部品の6割超を海外から輸入する方針だ。
国産機を称するなら自国の素材や部品を100%使うべきだといった過剰な国威発揚とは一線を画す。
グローバル化が進むなか、自前主義へ固執すれば自らの手足を縛るだけ。
イルハムは核となる設計やデザインを担うことが重要だと関係者に繰り返し説いて回る。
安くて豊富な労働力を 武器に先進国から投資を呼び込み、高い成長を遂げてきたアジア。
その副作用として、技術開発力は伸び悩んできた。
国連世界知的所有権機関や米コーネル大学などが昨年、128カ国・地域を対象に調査した技術革新力ランキングによると、アジアの最高は6位に入ったシンガポール
最後にこれ、…「薄い財布のアブラサスを2個目としてどう?」
カード入れ部分と、小銭入れ部分が重ならないよう平行に配置してあるので、厚みが出ず、極限まで薄い財布を実現させているのです。
また、革と革の切れ目がそれぞれピッタリと重なるように設計されているので、革による厚みも軽減されているのです。
小銭入れ部分にはちょうど小銭が999円分入るようになっています。
こまめに小銭を取り出せばこれ以上増えることはありませんので、とことん必要最低限にこだわって作られています。
薄い財布アブラサス2個目