読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冴の冴えたネタ

saesae日記

オールマイティーにこなせる即戦力が「クリニック看護師」に求められる能力です。

冴です、財務経理本部長から12年に常勤監査役に転じた平川功氏は、監査役監査法人との間に会話が少ないことに気付き、これでいいのかと素朴な疑問を感じたという。あなた方はどんな監査をしますか。
監査役会で4大監査法人を呼び、それぞれ1時間、監査計画や方針を説明してもらった。
監査のプロセスや説明が明快だったと感じた監査法人を選んだという。
カルビーは決算概況の説明といった形式的な社内会議をやめた。
その代わりに内部監査室と監査役、会計監査人の3者が3カ月ごとに情報交換する仕組みを設けた。
平川氏は各当事者がそれぞれ緊張感を持ち、よい方向に向かっていると手応えを感じている。
不適切会計の事例が相次ぎ明るみに出る中、監査法人に漫然と任せていては、企業は、投資家など外部の厳しい視線にさらされる。
従来と異なる監査法人を選任する動きは広がっており、帝国データバンクの調査によると、監査法人を代えた 上場企業は16年1~9月で131社に上る。
15年通年の85社を上回っている。
監査法人の選解任を巡っては、統治指針導入の先に、監査法人の交代制の導入の議論も控えている。
金融庁の懇談会は昨年3月の提言の中で、交代制に関する調査・検討を実施するよう求めた。
東芝では監査法人が半世紀以上変わらなかったことが、会計不祥事を見逃す一因になったとの見方もある。
同庁は、監査チームの責任者を交代させるだけの今のルールでは不十分だとして、独立性を徹底させるために監査法人自体の交代制を実現したい意向だ。
産業界の意見は割れている。
企業側が懸念するのは、監査法人の経験が中断し、監査品質が低下することと、日本監査役協会の永田雅仁事務局長は指摘する。
では、「クリニックの看護師給料」に関するお知らせです。
クリニック看護師給料
診療介助で採血を行なったり点滴処置・検査の説明・レントゲン画像の現像などを行なったかと思えば、「病院」であれば業者にお願いしたりもするようなタオルや衣類の洗濯・クリニック内のお掃除・備品の発注も仕事内容に含まれます。
受付を置いていない場合であれば、受付や会計や電話応対までやらなければいけなくなってしまいます。
オールマイティーにこなせる即戦力が「クリニック看護師」に求められる能力です。
更には、患者さんや備品を発注する先の業者さん・少人数の限られた同僚であり医師とやっていくためのコミュニケーション能力も必要となります。